Cortex-M0 ARMマシン語表(抜粋)

※Rd3とRd2-0の4bitでRdを指定する、Rd=PCの時3cycles
※Rd3とRd2-0の4bitでRdを指定する、Rd=PCの時3cycles
※GOTOに指定する値(n8/n11)は飛び先との命令数差分から-2した数を指定、分岐するとき3cycles
※N:指定したレジスタの数、例)PUSH R5,R4,R3
※bic:ビットクリア、asr:符号付き右シフト、ror:右ローテート
※rev:byteオーダー反転、rev16:byteオーダー反転(2byteずつ)、revSH:符号付き16bitを反転32bit化
※abc:キャリー付き足し算、sbc:キャリー付き引き算
※CPSID:割込禁止、CPSIE:割込許可、WIF:割込待ち、NOP:なにもしない(no operation) R0=R0<<0

- 連載、IchigoJamではじめる、ARMマシン語入門
1. はじめてのマシン語
2. ハンドアセンブルで超速計算!
3. マシン語メモリアクセスで画面超速表示!
4. マシン語でLEDを光らせよう!
5. 楽しさ広がるマルチバイトメモリアクセスとスタック
6. マシン語使いこなしTIPS
7. カジュアルに使うインラインマシン語

DATA: Cortex-M0プロセッサ - ARM
Text: CC BY ichigojam.net